toggle
2016-04-20 | FAVORITE, THINK

6分53秒で「明日も頑張ろう」ってなる動画

ポカリのCMメイキング映像が最高!

新ヒロインに滋賀県出身の14歳・八木莉可子さんを起用したというポカリスエットの新CM。
なんつってもメイキングドキュメンタリーがめちゃくちゃいい!

2016-02-23 | NICHIJYOU, THINK

26歳になりました。

26

26歳になりました。

 いつもフェイスブックに「今日は◯◯さんの誕生日です!おめでとうを言いましょう!」と提案されるのがなんか苦手で、その誘いには乗らずに生きてきたのですが、フェイスブックを通じてでも何でも、「おめでとう」って言われるのって

めちゃめちゃ嬉しい

ですね。お声をかけてくださった方、メッセージをくださった方、本当にありがとうございます。これから自分もちゃんと言うようにしよう。

2015-03-24 | THINK, WORKS

3冊目と6ページの物語。

Processed with VSCOcam with c1 preset

あたたかくなってきていつまでも歩いていたくて遠回りしたくなる(そして仕事には遅刻する!)

そんな春のよき日に!

 

 

FullSizeRender 9

THE DAY vol.10 発売でございます!

雜誌にたずさわらせていただいて3冊目。

2015-01-02 | NEWS, NICHIJYOU, THINK

上京しました。

IMG_0057

あけましておめでとうございます

いやぁ、あけましたね。2015年。

年末、歩きながら眠りに落ちていて

電信柱におもいっきり顔面をぶつけて

誰かに殴られたような味のある顔で新年を迎えました馬場です。

 

 

IMG_0005

2014年は

岡山県のPRのしごとをさせてもらい

港町のゲストハウスの管理人をさせてもらい

 

それからとても不思議なことに

僕が大好きで愛読していた雜誌をつくっている方から突然声がかかり、

 

いまは東京でいわゆる「編集者」として働いています。そう、気づけば東京の人なのです!

 

2014-08-10 | THINK

あの日爆心地の近くにいたおばあちゃんは、まだ僕に一度も被爆当時の体験を語ったことが無い。

1945年8月9日、長崎。

僕の祖母はその日。

爆心地からそれほど遠くないところにいた。

当時、12-3歳。その日は防空壕を掘る作業に充てがわれていた。

 

 

 

11時2分。原爆が投下されたその瞬間

まともに、爆風を受けていたら即死だったところを、

たまたま掘っていた防空壕の中にいた。生き延びた。

それから、被爆後の長崎を生き抜き、最愛の人と結ばれ、2人めに出来た娘が僕の母親だ。

 

 

 

これらのおばあちゃんの話は、母親からきいたもので

本人が積極的に語ろうとするものでもないし、孫である僕がきくのも

壮絶な記憶を思い出させそうで、すごくためらわれる。

 

 

母親が言うには、おばあちゃんは今でも「あのとき」の夢をみるらしい。

 

 

 

 

あれはなんだったんだろう。

 

 

毎年夏になると、図工室の前に原爆被害の写真が貼られた。

丸焦げになった死体の写真、背中が焼けただれた少年、山のように積み上がった頭蓋骨。

給食をとりにいくとき、決まってその図工室の前を通らなきゃいけなかった。

女の子は皆通るときには目を覆っていた。僕も毎回通るたびに目を覆いたかった。

 

そんな夏の光景にある程度「慣れ」てきた小学5・6年生。 今度はそれが図工室の前から小学6年生フロアのトイレの前に貼られた。

僕たちは、トイレに行く度に丸焦げの死体、泣き崩れる人、大やけど、きのこ雲の写真をみていた。

 

あれはなんだったんだろう。

 

生まれてはじめて「原爆資料館」にいったのは確か、5歳か6歳のとき。

 

物心ついて間もなかった僕はそこを「おばけのいるところ」だと認識していた。

目をぎゅっとつむり耳を塞ぎ、ほとんど何も見ずに通り抜けた。

イヤダイヤダと泣き叫んでいた1コ上の姉の泣き声だけが記憶にのこっている。

 

「学習」というよりも「トラウマ」だった。

 

それから、毎年あった平和集会での語り部さんの話は断片的にだけ覚えてる。

 

 

唯一ハッキリとおぼえているのは、2007年の8月9日。

高校3年生。最後の平和集会。

 

そのときの語り部さんは、それまでの人と少し様子が違った。

一通り被爆体験を語り終えた後、ハッキリと強い口調でこう言い放った。

 

「いいですか、皆さん。日本への原爆投下は一種の“人体実験”でした」

 

「この写真(被爆前)とこの写真(被爆後)、まったく同じアングルで撮影されていますね。

他にも、広島も長崎も、とても良く記録資料が残っています。なぜでしょうか。

それはアメリカが、原爆の威力を検証して示したかったからです」

 

あのとき、体育館にいた他のみんなはどう思っていたのだろう?

僕はけっこうな衝撃を受けていた。

原爆は「戦争を終わらせるために落とされたもの」と思っていたから。

 

語り部さんはこう続けた。

 

「人類は、かつてない技術を開発したとき、それを“使いたく”なります。そして一度それを使いました。過ちを犯しました。」

 

「その兵器は、今も世界中にあります。数えきれないほどに。隣国、北朝鮮も持っています。」

 

「次、いつそれが落とされるかわかりません。明日かもしれない。“落とされない”という確証はありません。」

 

その言葉をきいたとき、遠い過去のものだった「原子爆弾」が急に今の自分、これからの自分に迫ってきた。

 

え?え?原爆落とされる? 前にいるN君も後ろにいるH君もみんな死ぬ?

好きなあのコも死んじゃうし、家族もみんな…..。 えー!やだやだ!絶対いやだ!

 

当時の僕は国際情勢なんて何もわかっちゃいなかった。(今もわかってないけど)

わからないが故に漠然とまっすぐに「平和に貢献できる人になりたい」と思った。

 

大学は「国際関係学科」という、それらしい名前の学科に入った。

 

ただ大学になるとまともに机に座って勉強に励んだ記憶はなく、

長崎を離れると、8月9日がだんだんと「普通の日」になっていった。

 

 

 

今年の夏は、インターネットが少し騒がしい気がしてて、いろいろと思うところがあった。

 

 

 

「いつまでも原爆原爆うるせぇよ」

→ http://togetter.com/li/702874

「首相また ”コピペ” 長崎平和式典スピーチ」

→ http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014080902000239.html

 

どちらも、今までになかったことだよな。と思う。

 

twitterで「いつまでも原爆原爆うるせぇよ」とつぶやく人は

きっとテレビかインターネットしか眺めていない人、体験談を話半分に聞き、

資料館に足を運んでいたとしても、半ば目と耳を塞いで通り過ぎたような人だと思う。

 

要するに、さんざん「平和教育」を受けてきた高校2年生までの僕だ。

僕の場合、最後の平和集会にしてはじめて、「原爆被害」→「戦争・核兵器はダメ」ではなく

「日本への原爆投下とは何だったのか」を語る人が現れた。そこから見方が変わった。

 

「もう被爆話にはうんざり」と思う若い人には

「問い」を投げかけることが必要だと思う。

 

なぜ、広島と長崎には異なる種類の爆弾が使われたのか?

なぜ、原爆投下目標には、「無傷の都市」が選ばれ、「その日」まで爆撃が禁止されていたのか?

なぜ、アメリカは数年間にわたり原爆被害の情報を外部に漏らさないようにしたのか?

 

 

首相の、スピーチコピペはさすがに「そりゃないだろ」とおもっていたけれど

「安倍首相が広島平和祈念式で去年と同じスピーチをするのと全く異なるスピーチをするのとどっちが良いか?」

ここでもまた、「スピーチを使いまわしたのはなぜ?」って問いかけるこの記事を読んでハッとした。

 

なぜ、首相はスピーチを使いまわしたのか?

それは、Twitterで「いつまでも原爆原爆うるせぇよ」とつぶやく人がでてくることと、原因は近いような気がしてる。

 

 

1 2 3