toggle
2013-12-16

農家みたいな編集者

 

“ ぼくが日々お金をいただいている「編集」や「デザイン」というお仕事は、

読者のみなさんにとっては、とてもお洒落で格好いい、特別な職業のように

思われるかもしれないですが、ぼくにとって編集のお仕事は、農家のひとが

一生懸命に作った農作物を売る。ということと同じで、

泥にまみれて泥んこになりながらも、誠実に手をかけて、

そして最後にはお客さんに喜んでもらうっていう、

そんなふつうの職業なんです。 ”

ー藤本智士(『Re:S』『のんびり』編集長)

 

最近、いいなー!と思った本や雑誌がだいたいこの藤本さんの仕事だって気づいて、

いろいろ読んでたらみつけた言葉。

 

そこまでメジャー?ではなかった雑誌『Re:S』時代からずっとこの姿勢で、曲げなかったからこそ

秋田のフリーペーパー『のんびり』や『ニッポンの嵐』の編集につながっていったのかなぁっておもいます(あくまで推測)

 

 

 

 


関連記事
Comment





Comment



FOLLOW ME!